ストレス感の上昇を10%以上抑制するテアニンがスゴイ!口コミ効果をまるごと調査しました

夜寝ていても、トラックが家の横を通っただけで、起きてしまう。 こんな経験ありませんか? 中高年になってくると、やけに寝ていても反応してしまい、ぐっすり眠れない・・・。 そんな睡眠時間不足の中高年の味方 ...

続きを見る

不眠の体験談

不規則な生活を送り続けた結果、不眠症になってしまった

更新日:

私は現在44の男性会社員なのですが、7.8年程前に不眠症で悩んだことがあります。
不眠症の原因は自分なりにわかっていました。生活リズムが完全に壊れてしまっていたからです。
生活リズムを壊した原因というのは、PCをプラットホームにしたネットゲームです。MMORPGっていうものですね。

今でもMMORPGってあります。PCだけでなくスマホでもプレイ出来ます。
でも今のものって中毒性が低いんです。いえ、正確には課金させる(お金を出させる)為の中毒性は高いものの、睡眠時間を削ってまでプレイしなくてもいいように方向転換されてます。

しかし私がハマっていた10年以上前って課金要素は少なくプレイ時間がものすごく重要でした。ですので当時はよく社会問題になったりしました。
日本よりMMORPGの流行っていた韓国ではMMORPGを寝ずにプレイして死亡するプレイヤーが出るという事件もあったほどです。
いつ出現するかわからないボスを倒す為にゲームに張り付き、DROP率1%以下のレアアイテムをゲットする為に何百回も同じボスを倒したりってことをしないとレア装備やアイテムってゲットできなかったんですよね。

私もレアアイテムゲットの為、または敵モンスターを倒してレベルアップする為に一日の睡眠時間は1時間~2時間でずっとMMORPGをしてました。
しかも当然のことながら働きながらです。

朝5時半ぐらいに寝て6時半~7時までに起床、すぐ準備して出勤し帰宅は夜の20時ぐらいです。帰宅途中にコンビニで弁当と買っておき、弁当と食べながらMMORPGっていうテレビ番組でネット中毒患者の一例として紹介されるような生活を送ってました。

これを大体6.7年繰り返していました。
ネットゲームにハマる前、私の身長は176cm体重95kgぐらいありました。ウェスト90cmオーバーの肥満体型でした。

この不眠生活を7.8年続けてネットゲームを卒業する頃は体重60kgぐらいまで減ってました。ウェストは58cmとかですね。ガリガリです。
特にダイエットの為に何かしたとかありません。仕事はデスクワークで肉体労働はしませんし自宅では部屋に座ってゲームしてるだけなので運動はほぼしません。不眠の為これだけやつれてしまったんです。

周囲の人からも心配されて大丈夫か?なんて声をかけられたこともあります。
目の下のクマは常時ありましたし、他の人からみたらさぞ不健康に映っただろうなって思います。

ただ、幸いなことにMMORPGはプレイ時間依存ではなく課金額依存のゲームになったことにより私も目が覚め、ネットゲームから卒業することは出来ました。
しかし6.7年こういう生活習慣を送ってるとなかなか普通に戻らないんです。

MMORPGをしてる時は寝てもボスが出現してないか気になってすぐ目が覚めました。こういうのが体に染み付いてしまい、MMORPGをもうプレイしてないのに1時間もすると目が覚めてしまうんですよね。

一度目が覚めるとなかなか寝付けません。たまに3.4時間寝れたりするんですが、これだけ寝ると寝すぎで頭痛を起こすこともよくありました。
だんだんとこの症状は緩和されていきましたが、今でも長時間は眠れないという後遺症はあります。

一番酷い頃よりはマシってだけです。例えば夜0時に寝たら2時か3時には目覚めてしまうんですよね。
この為寝る時間を夜中3時ぐらいにして朝6時頃に目覚められるようにしたりと睡眠導入時間を工夫して日常生活を普通に送れるようにしてます。

ストレス感の上昇を10%以上抑制するテアニンがスゴイ!口コミ効果をまるごと調査しました

夜寝ていても、トラックが家の横を通っただけで、起きてしまう。 こんな経験ありませんか? 中高年になってくると、やけに寝ていても反応してしまい、ぐっすり眠れない・・・。 そんな睡眠時間不足の中高年の味方 ...

続きを見る

-不眠の体験談

Copyright© テアニン快眠粒口コミ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.