ストレス感の上昇を10%以上抑制するテアニンがスゴイ!口コミ効果をまるごと調査しました

夜寝ていても、トラックが家の横を通っただけで、起きてしまう。 こんな経験ありませんか? 中高年になってくると、やけに寝ていても反応してしまい、ぐっすり眠れない・・・。 そんな睡眠時間不足の中高年の味方 ...

続きを見る

不眠の体験談

眠らない夜を過ごし続けた結果、精神病になった女の話。

更新日:

思えば学生の頃から精神を病んでいる気はあったのだと思います。
ただそれを認めたくなかっただけで。

始まりは些細な事でした。
寝ようと思って床につき目を瞑っても、瞼の裏の世界がぐるぐるもやもやしてなんとなく気持ち悪いのです。
長時間スマホを見続けた後に目を瞑ったら目の奥がずーんと重たいあの感じ。

あれがスマホを見ていた訳でもないのに何故か瞼の裏にあるのです。
それが最初の違和感。
その晩は、結局眠るまで小一時間かかりました。

でもそれはまだ序の口で、不眠が進んだ最終的には日付け変更前から夜明けに雀がさえずりだしても眠れない日々が何日も続くことになるのですが…。
このときはまだ何も知らず、のほほんと「あ?なんだか体が疲れてるのかな?」と思っておりました。
能天気なものでした。

2つめの違和感というか変化は、「金縛り」でした。

幽霊だとか怪談だとかそういう眉唾物ではなく、ただ単に頭と体の繋がりが少しおかしくなったが為に起きる生理的な金縛り現象でした。
その金縛り現象は一度起きると何度も続き、ほぼ毎日の様に金縛りに合っていた私は本気でビビったものでした。

その頃からです。
ストレスにストレスが重なり、幻覚や幻聴を感じるようになったのは。

これは不味いと思い、必死にネットで原因と対策を文字通り夜通し調べました。
簡単に出来ることは、まずは「睡眠導入剤の服用」、「心療内科の受診」。
そこで然るべき対応をしてもらうことが一番手っ取り早い解決方法でした。

まずは睡眠導入剤から。
これは有名なドリ○ルから試しましたが、正直お金の無駄でした。
頑固な不眠に導入剤など暖簾に腕押しです。
その代金の分お菓子でも買って食べた方がマシでした。
次に心療内科の受診。

これは高いお金を払うだけあって、そこそこ効果はありました。
ただ、出される薬は不眠に効く物だけではありません。
精神に作用する抗不安薬なども一緒に処方されます。

これが曲者!はやい話が飲み続けると効力が薄れてきますので、どんどん強い薬になっていく。
結果心療内科からずるずる抜け出せなくなります。

私の場合はそもそもの不眠の原因を取り除くのではなく、薬で誤魔化してただけにすぎないのでこの結果は順当なものです。
薬の副作用は怖いものです。
不眠だからといって、気安く心療内科など行かない方が身の為です。
すべての心療内科がそうだとは限りませんけどね。

今現在はなんとか薬の誘惑を断ち切り、人より少し時間はかかりますが夜通し寝られない、なんて事態にはこの数年なっていません。
結婚し、精神が安定したこともあるのかもしれません。
不眠は生活リズムを狂わし、その人の生活サイクルをも台無しにしかねない恐ろしい病気ですので、手っ取り早く治そうとせず自分のペースでこつこつ向き合える正しい治療を行うべきだと私は思います。

眠れない夜を無かったことに!なんて言葉には決して踊らされない事ですね。

ストレス感の上昇を10%以上抑制するテアニンがスゴイ!口コミ効果をまるごと調査しました

夜寝ていても、トラックが家の横を通っただけで、起きてしまう。 こんな経験ありませんか? 中高年になってくると、やけに寝ていても反応してしまい、ぐっすり眠れない・・・。 そんな睡眠時間不足の中高年の味方 ...

続きを見る

-不眠の体験談

Copyright© テアニン快眠粒口コミ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.